一番大切な教育は食事の際の家庭、学校、社会での教育です。
食事の際の作法やマナー教育はもちろんのこと、飲食店での食事の際は騒がないなどその幅は多岐にわたります。
いわゆる躾を行うには様々な機会があるのが食事に関わることです。
もちろん食事の内容の選択や、その原料素材や調理方法、食事環境のセッティングなど生きていくうえで欠かせない「食」について学ばせることも重要であり、料理を作る人への感謝や挨拶、食物を作る人への感謝や、食材自体の命の大切さをしっかりと教えることは必須です。
家庭での食事回数が減少している昨今では、学校や地域社会においても同様に教育を行っていく必要があります。
例えば、食べ物を残ささずバランスよく食べるということは教育しておくべきです。
体系を気にして給食さえも残す小学生や、塾の帰り道にお菓子を食べながら帰宅する子供がいる以上、それに目をつむっていてはいけません。
もちろん一番の責任は親にあるのだが、それを許してしまっている社会も同様にスルーしているわけですが、それは断然注意すべきです。
食事の際にその日のでき事や将来の夢、体験談や関心ごとの話を家族や仲間と共有することで仲が深まることはもちろん、心の教育につながっていきます。
話をする機会の少なくなった環境下では、食事の時くらいは会話を交わす貴重な時間になります。
喜ばしいことがあった日には豪華な料理になったり、精一杯褒めてあげたりというコミュニケーションの場としても大切な教育になります。


Comments are closed.